結婚式場の代金を支払うのは、新郎側?新婦側?

新郎新婦の2人で折半するケースが増加

結婚式にかかる代金は、昔は新郎側が多く支払うのが常識にもなっていました。新婦はその家に嫁ぐということから、受け入れる側が責任や誠意という形で表していたのですね。しかし、時代も変わり、男女平等になりつつある今は、新郎新婦が折半して支払うケースが一般的になっています。結納金を頂いているケースもあるので、なおさらそういう支払い方が一番無難と考えるようになってきたのでしょう。 また、晩婚化が進んだ影響で、親に頼らずに自分たちだけで支払うカップルが増えてきたことも理由の1つです。晩婚だと、親が高齢で自分たちにある程度余裕のある人たちも多いので、自然と折半で支払うことが当たり前になってきているのかもしれません。

お互いの年が離れていたり、新婦に費用がかかる場合は?

年の差婚が流行っている今、年上となる新郎が多く支払うこともあります。年上となると収入も新婦よりかはそれなりに多くなるので、その立場から多めに支払うこともおかしくはありません。ここは男性のプライドを優先させる意味でも、素直に甘えてみるのもいいかもしれませんね。 反対に、新婦が費用が多くかかってしまうこともよくあるので、新婦側が多めに支払うこともあるんですよ。結婚式にこだわりを持つ女性は多いので、ドレスやその演出にお金をかけてしまう人も少なくないのです。特に、ドレスは納得のいくものを選びたいので、節約をなるべくしたくないところです。一般的に新郎と比べて新婦の衣装にお金がかかってしまうのですが、こういったこだわりから、新婦側が自ら多く支払うことも珍しくはないのです。 結婚式の代金は、両家が関わっていることでもあるので、親にも相談しながらお互いが納得したうえで支払っていくことが大切です。

二人だけの結婚式